TOP > 税理士の方へ

税理士の方へ


ご依頼目的

減損会計、現物出資、会社分割、会社合併、M&A、また法人から個人へ、
個人から法人へ不動産を移転するとき、次の目的に対し鑑定評価は有効です。


 

評価額

遺産相続で土地、建物などの不動産の分割の際に鑑定評価をすれば、
適正な価格がはっきりし、公平に分割することができます。
また、相続税の申告の際に不動産の適正な時価として利用できます。

 

ポイント

交換の際に、交換差額を2割以内に収めるよう、
鑑定書により、各々の適正価格を把握した後、交換を行われる事をお進め致します。
交換する不動産、各々に鑑定評価書が添付されているわけですから、
時価の妥当性の立証にこれ程、強い見方はありません。


 

物件内容

減損会計、現物出資、会社分割、会社合併、M&A、また法人から個人へ、
個人から法人へ不動産を移転するとき、次の目的に対し鑑定評価は有効です。

 

物件内容のイメージ

(株式会社の主要な財産としての不動産鑑定評価)
株式会社の株価の鑑定は、先生にお任せ致しますが、
株価算定の基本となる会社所有の不動産の鑑定評価をお願い致します。