TOP > Q&A

Q&A

不動産鑑定評価書と不動産簡易評価書の違いは?

不動産鑑定評価書は企業間取引時や不動産投資ファンド化などによく用いられ、価格の妥当性や信頼性を適格に算出する際に必要となります。
その費用は価格の決定責任に伴って高額になることが多くあります。
一方で不動産簡易評価は、迅速にリーズナブルな料金で不動産の価格やその根拠となる街路、環境などの規制などの価格を形成する要因や周辺の取引時例等の価格データなどを知りたい時に用います。

依頼してからどのくらいでできますか?

依頼者の方の緊急性にもよりますが、通常の場合、不動産鑑定評価書であれば、2週間程度でご納品することができます。
不動産簡易評価書は、おおよそ1週間ほどのお時間を頂いております。

愛知県以外でも依頼できますか?

もちろん対応します。中部エリア全域でもご相談に応じさせていただいております。
愛知県以外の物件調査ですと、交通費および日当を別途頂戴しております。
ただ、案件に応じて設定させていただきます。